格安スマホ iphone

格安スマホとiPhoneを比較してみました!

格安スマホとiphoneで使われているOSは全く違うものです。格安スマホで利用しているOSの基本的なものは開発会社が無償で提供しています。そのOSを基本として格安スマホの開発会社が独自の機能をつけたりして使用者に提供しています。もちろんこちらのOSも世界的に多く使われているため、この端末で利用できるアプリケーションの数もたくさんあります。またメーカー保証もついていますから格安という名前がついていますが心配することはありません。しかし、端価格を抑える必要があるためその他の高価格機種に比べると処理能力、反応速度、画像の綺麗さに差が出る可能性はあります。また、内部部品に関しても少しグレードを下げている場合もあります。例えは最新部品を利用するのではなく一世代前の部品を利用する方法などにより価格を抑えることに努力している可能性もあります。

 

iphoneは販売する製品のためにOSを開発しています。製品の製造元とOSの開発元が同じであるため、相性が良く完成度はかなり高く安定性もあります。また、メーカー保証の延長サービスもあり利用者にとっては、値段も高いぶんサポートも充実しています。世界中でサポートを受けることができる利点は格安スマホにはないサービスではないでしょうか。また、OSに不都合があった場合でも製造の販売後数年間の間は確実に更新してもうことができます。スマートフォンは高度なプログラムによって成り立っています。もしもそこに不都合があると個人情報などが漏洩する可能性も考えられます。そのサポートのスピードはOSの開発元と製品の製造元が同じためスピーディーに対応を行うことが可能です。

 

この二つを比べるとiphoneは世界的なブランド力もあり高級品です。しかし格安スマホも使い方によってはたいへん重宝するものです。普段高性能な処理を必要とするゲームをしない場合や故障したとしても数万円程度で新しい端末を買うことができ簡単に買い換えることができます。また、日本のメーカーも製造していますからすべてが外国製というわけではありません。格安スマホの中には、世界的に販売をして製造コストを下げた商品もあります。そのようなものであれば、コストパフォーマンスに優れていますからお勧めできるものもあります。名前だけにとらわれず一度家電量販店などで自分で手にとって操作性などを試してることが良いのではないでしょうか。