格安スマホ 違約金

格安スマホの違約金状況!

今ほとんど全ての大手キャリアの契約には2年間の契約期間があり、その切れ目以外での解約には違約金があります。一応そうでない契約もありますが、かなり割高になってしまうので、継続して利用知る予定のある人ならまず申し込みません。仮に途中で解約することになっても、普通は契約期間のある契約の方が安くなるからです。では格安スマホはどうなっているのでしょうか。これは実に様々です。

 

特に契約期間を決めていないものも多く、その場合は当然何もありませんが、1年程度の契約期間を決めているものもありその場合には中途解約は違約金が生じます。例えばauのMVNOであるmineoやUQmobileは1年契約しかなく、短い期間だけ使いたい場合には向いていません。しかしドコモのMVNOであるところは特に契約期間を決めていないところが多く、その場合には問題ありません。

 

特にデータ通信のみ他に付随するサービスが少ない契約の場合契約期間がないことが一般的です。それに対して音声通話ができたりSMSが利用できたりする契約では契約期間がある場合が多いようです。金額は1年契約の場合、10000円程度、半年契約の場合6000円程度としているところが多く、通信料自身が安いことを思えば、解約しないでそのまま使っていた方がお得な金額となっています。

 

つまり契約後直ぐの解約を防ぐのが目的で、大手キャリアのものとは少し性格が違うように思えます。また回線の解約とは別に、格安スマホの端末を分割払いにしている場合には、当然その分割払いはそのまま残ります。これは単なる分割払いですから当然ですし、大手キャリアでも同じですね。

 

ペナルティーがないから安心できる!

また格安スマホの場合には契約期間が切れると契約の更新月がある大手キャリアと違って、通常は全て1年なり半年なりの一定の期間が経過すれば何時でも解約できるようになるのが一般的です。大手キャリアのように実質ずっと契約に縛られているのとは大きく違っています。つまりある程度つかっていれば何時でもペナルティなしに止めることが出来ると言うわけです。

 

またデータ通信のみの契約では契約期間がない場合もまだ一般的なので数ヶ月だけの利用でも問題なく利用できるプランもたくさんあります。格安スマホでは回線の契約とスマホ端末の購入が完全に無関係なのが普通なのでスマホの買い替えで回線の契約を解約したりする必要がないので、回線自身に問題がなければむしろかえって長く利用できるので安心かもしれません。