格安スマホ 価格

格安スマホと呼ばれているのならさぞかし安くスマホが入手できるのだろうと思いますが、実はそういうわけではないのです。一般的な大手携帯電話会社でスマホを購入するときには一応定価はありますし、その定価ベースの割賦販売が基本になりますが、実際にはそこから大きな値引きがあり、2年間ずっとそのまま契約を続けてくれるのなら、かなり安くしまうというのが一般的です。

 

具体的には最新鋭の高級機でなければほとんどただ同然の値段になるように値引きがあるのが一般的です。それに対して格安スマホは基本的に定価売りです。ただし何らかのキャッシュバックをしている場合などもありますが、それはかなり珍しいケースです。それならば格安スマホなど遠いいながらスマホの価格は安くないと言うことになってっしまいませんか。実はそのとおりなのです。

 

格安スマホの格安はスマホ端末ではなく、回線料金が格安だからなのです。大手キャリアは回線使用料が割高になっているので、その料金からスマホの端末代金を割引できるのです。かつては端末は無料で売っていたことも珍しくありませんでした。しかし最近になってそういう販売方法はやめて、普通に分割で売っているのですが、その割賦金を割り引く形で、キャッシュバックしているのです。

 

まさに格安!驚きの価格!

それに対して格安スマホは回線使用料自身が大変安くなっています。まさに格安です。一般的な携帯電話会社でスマホを利用しようと思ったら、月々の支払いは6000円から8000円程度になってしまいますが、それに対して格安スマホは1000円から2000円程度で利用できるのです。つまり2年間だと、10万円以上の差額が出来てしまいます。

 

その大きな差額を利用して現金正価でスマホを買っても十分安くなるので、格安スマホと呼ばれているわけです。多くの場合現金での一括払い以外に、2年間24回払いを用意していますが、通常は金利は無料です。その金額はMVNOのキャリアが負担しているわけです。

 

この為に、支払いは回線使用料とあわせて支払い安ければ1500円くらいから一般的な場合で3000円程度、ハイスペック機の場合でも4000円程度に収まるのが普通です。また手持ちのスマホが使える場合には当然端末代はありません。この様に大手キャリアのように常にスマホを分割払いしていないと損だと言うような仕組みになっていないのが魅力ともいえます。

 

自分で本当に安い数千円程度のsimフリー機を探して使うのも可能です。